正義と微笑

numb_86のブログ

ムダを探す政治から、必要を探す政治へ 財政赤字の背景にあるもの

消費税の引き上げや軽減税率について、しきりに報道されている。 そもそもなぜ増税されるのかといえば、日本は深刻な財政赤字であり、このままでは財政が危機的な状況になってしまうからだ、とされている。 また、財政赤字の原因の一つとして、増加し続ける…

「経済サイクルチェッカー」を作った

ちょっとしたプログラムを作った。numb86.net 以下、作ろうとした意図や結果を、記録しておく。 時間が出来たので先月、久しぶりにウェブプログラミングの勉強をした。 習得するには学んだことを実際に使うのが一番だと思っていたところ、ネタが思い付いたの…

ウェブアプリこそが未来だと思う

先月から、ちょっとずつJavaScriptを勉強している。 技術を身につければその分だけ、自分の頭のなかにあるものを表現しやすくなる。その可能性が高まる。 それに、いま作っているいるものにも寄与するだろう。2014年からやってるんだから早く完成させろよ、…

知識のブラックボックス 2015年11月の活動報告と、今後の方針

読書 瞑想 創作活動 ランニング 2回走って6キロ。 パソコンを買い換える 今まで使っていたものが7年目に突入して限界を迎えつつあったので、買い替え。 JavaScriptの勉強を再開 このサイトで勉強。11月は第一章から第十章まで。何年か前にちょっとだけ勉強し…

二大政党制を脅かすスペインの新興政党『ポデモス』

来月(2015年12月)に総選挙が予定されているスペインで、ポデモスという新興政党が注目を集めている。 2014年1月に結党され、今回初めて総選挙を戦う若い政党だが、大きな支持を集め、既存政党の脅威となっている。 大学教授などが中心となって結党されたポ…

社会的包摂についてメモ書き コミュニケーション再分配、など

社会的包摂(排除)に対する関心が自分のなかで高まってきているので、整理するためにメモ書き。 概要 社会的排除とは、その名の通り、ある個人から社会から排除されてしまうことや、そのプロセスのことである。 もともとはヨーロッパでよく使われていた概念…

創作活動と恥ずかしさ

とにかく恥ずかしい。 何らかの創作をするのは、自分の頭のなかを覗かれるのと同じだと思う。 自分の趣味、自分の感性、自分の価値観。そういうのを覗かれる。 何らかの創作をすれば、そこには必ず、自分の頭や心の中が投影される。だから他人に見られること…

地道な日々 2015年10月の活動報告と、今後の方針

読書 瞑想 ランニング 1回走って3キロ。 創作活動 時間に余裕があったため、けっこう進んだ。 オモコロが10周年だそうで。 【漫画】シモダテツヤと私 | オモコロ そんなによく見てるわけじゃないけど、流行り廃りの激しいインターネットで10年も人気サイトを…

拡大するギグ・エコノミー 「自由な働き方」か「労働者の搾取」か

アメリカを中心にして、「ギグ・エコノミー」という新しい経済や産業の在り方が注目を集めている。投資家から多額の資金を集め、様々なサービスが生まれている。 革新的なビジネスモデルで世の中を便利にするという称賛の声がある一方で、その脱法的なビジネ…

小塩隆士『高校生のための経済学入門』ちくま新書

大学生の頃に読んだものを、再読。 タイトル通りで、初学者にも分かりやすく、経済学の考え方や役割が紹介されている。 特定の分野に注力せず、幅広いテーマを扱っているのも素晴らしい。 高校生のための経済学入門 (ちくま新書)作者: 小塩隆士出版社/メーカ…

引きこもりと経済政策 2015年9月の活動報告と、今後の方針

読書 瞑想 7月よりはコツが掴めた感じがする、と8月に書いたが、9月も、より理想的な状態に近づけた気がする。感覚を消すんじゃなくて、感じたことに意識を払わずそのまま流していくようなイメージ。1日10分くらいだから生活にさほど影響はないだろうけど、…

デヴィッド・スタックラー&サンジェイ・バス『経済政策で人は死ぬか?』草思社

誤った経済政策は人の命を奪う。それが本書の結論だ。 公衆衛生学や統計学の専門家である著者たちは長年、経済政策が人の健康や命に与える影響を研究してきた。 それを一般向けに分かりやすく解説したのが本書である。 経済政策は人命に深刻な影響を及ぼす、…

イギリスで行われたキャメロン政権の緊縮財政まとめ

本日、イギリス労働党の党首選に勝利し、ジェレミー・コービンが新しい党首となった。 彼の特徴の一つが、現政権が進めている緊縮財政に反対し、大規模な公共支出を主張しているということだ。 2015年の総選挙で躍進したスコットランド国民党のニコラ・スタ…

ヨーロッパの政治状況と、日本のムラ社会

最近、欧州の政治に興味があり調べている。 欧州の政治には「思想」があるように見えて、魅力的に思えた。 どんな社会を目指すのか、そのために何をすべきなのか。 そういった政治的争点があり、対立軸がある。 そう見えた。 翻って日本の政治には、思想を感…

片側顔面痙攣が治まる 2015年8月の活動報告と、今後の方針

読書 瞑想 効果があるのかよく分からないが、7月よりは、コツが掴めた感じがする。頭を空っぽにするというか、言葉を断つというか、全てを流すというか。 ランニング 1回走って3キロ。 創作活動 今更ながらfeedlyを使い始める 生活習慣が多少は改善された そ…

トム・モリス『アリストテレスがGMを経営したら』ダイヤモンド社

経営には哲学や倫理が不可欠である。それこそが企業を支え、競争力の源泉となる。 これが本書の主張だ。 ビジネスライク、という言葉には、冷淡、表面的といった否定的なニュアンスが込められているが、それは経営や労働の本来の姿ではない。 協働による創造…

ニコラ・スタージョン率いる社民主義政党、スコットランド国民党

イギリスからの独立を目指した住民投票。そして、2015年総選挙での大躍進。 スコットランド国民党(SNP)は、単なる地域政党の枠を超え、近年のイギリス政治で大きな存在感を放っている。 その党首を務めるニコラ・スタージョン、彼女もまた、反緊縮を掲げる…

イギリスのベテラン左翼、ジェレミー・コービン

以前の記事に書いたように、ヨーロッパの政治状況、特に、EUや財政政策を巡る思想や潮流に、関心がある。 上述の記事ではギリシャについて書いたが、今回は、イギリス。 2015年5月に行われたイギリスの総選挙は、事前の予想を裏切り、保守党が大勝。 労働党…

クレジットカードと業界知識 2015年7月の活動報告と、今後の方針

創作活動 ランニング 1回走って3キロ。 読書 生活習慣を見直す 瞑想を始める 効果があるような、ないような。 心身の健康に限界を感じたため、生活習慣を見直す。 今までも散発的に何かに取り組んできたが、それでは意味が無い。 習慣が大切なのだと思う。生…

ギリシャ危機で行われたこと、起こったこと、まとめ

ギリシャ危機と、それに関連するヨーロッパ各国の政治状況に個人的に関心があったので、調べていた。 まず、ギリシャで何が起きていたのか、まとめてみる。 そもそものキッカケは、ギリシャのユーロ導入時にまで遡る。 ユーロを導入するには条件があり、財政…

アリストテレスのポリス

以前読んだ本で、アリストテレスのポリス論が紹介されていた。関心のある内容だったので、メモしておく。 あくまでも上記の書籍の内容や、そこからの個人的な考えをメモしたものであり、アリストテレスの著作そのものは読んでいないことを断っておく。 古代…

笹澤豊『小説・倫理学講義』

大学の教員である主人公が、助手や元教え子との対話を通して、様々な思想、ものの見方や考え方を紹介していく。 「講義」と銘打ってはいるが、体系的に解説していくのではなく、こんな見方もありますよ、こんな考え方も出来ますね、と問題提起していくスタイ…

佐伯啓思『自由とは何か 「自己責任論」から「理由なき殺人」まで』

私たちは、政治や社会問題を語る際、とにかく自由に結びつけて論じなければ気がすまないほど、自由というものを大切にし、信じている。 本書では、普段疑いもなく信じ込んでいる「自由」が抱えている特徴や本質を、描き出していく。 「自由とは何か」という…

閃輝暗点と片側顔面痙攣 2015年6月の活動報告と、今後の方針

読書 創作活動 ランニング 1回走って6キロ。 新しい企画の構想を立てる 先月末に書いた「新しい企画」については、思った以上に進んだ。大まかな構想は立てられた。6月中には何も決まらないんじゃないかと実は思っていたから、よかった。 「暫定的でいいから…

失敗や撤退が相次ぐシリアスゲーム

シリアスゲームとは、遊びながら学習効果などを得られるゲームのこと。知識を修得するタイプだけでなく、社会問題に対する関心の喚起を目的とするタイプもある。 ゲームには、人を魅了し、夢中にさせる工夫がたくさん詰め込まれている。それを学習や社会問題…

「自信を持つ」ための方法

「自信を持て」と言われても、どうしたらいいか分からない。 自信を持つことの大切さはよく分かるが、持てと言われて持てるものでもないし、具体的にどうすればいいのか、漠然としすぎて見えてこない。 そんな時は、問いの立て方を変えると、何か見えてくる…

無限リフレッシュ 2015年5月の活動報告と、今後の方針

創作活動 読書 ランニング 2回走って、11キロ。 連休中にいろいろと考え事。 新しく始めようと思っていることについて、考えを練ったり、調べたり。 今までは、一つのことに集中しようと思っていて、新しく何かを始めることを自重していた。 このブログのサ…

自分で自分を幸せにする技術

他人の言動に振り回されることなく、自分自身の行動によって、幸せを感じ取れる。 そういう能力が、とても大切だと思う。 引きこもり、対人恐怖症である自分自身を観察するうちに、自己肯定感が大切だとの考えに至った。 そして自己肯定感は、私だけでなく、…

プログラミングの勉強に挫折する理由

ニートが社会参加するための手段として、プログラミングは有用なんじゃないか。そういうエントリを何回か書いてきた。 自分自身も、プログラミングに可能性を感じている。ニートや引きこもりがプログラミングを勉強して就職できた話 - 正義と微笑 地味で冴え…

荒木飛呂彦『荒木飛呂彦の漫画術』

『ジョジョの奇妙な冒険』で有名な著者が、30年以上のキャリアのなかで学んだ自身の漫画術について解説していく。 時代を越えて愛される「王道漫画」、それを描くための方法である「黄金の道」について、描かれている。 「漫画術」と銘打ってあるが、漫画家…