正義と微笑

numb_86のブログ

もういい加減、努力しないといけない

 逃げて逃げて、やるべきことをやらないまま、ここまで来てしまった。23歳として当然身に付けてあるであろうものが、まるで身に付いていない。社会人としての基礎的な能力が、著しく低い。就職できたのも、売り手市場の時期に就活できたからだ。1年遅れていたら、どこからも内定をもらえなかったと思う。

 恥や失敗を極端に恐れる性格が災いし、人生経験に乏しい。でも、それじゃダメなんだ。このままじゃ本当に、取り返しがつかなくなる。


 前々からそんなことを考えていたんだけど、この作品を読んで、その思いを強くした。

ボーイズ・オン・ザ・ラン 5 (ビッグコミックス)

ボーイズ・オン・ザ・ラン 5 (ビッグコミックス)

 この巻で主人公の田西は、ライバル会社のイケメンエリート営業マンと、殴り合いのケンカをすることになる。残念ながら主人公はボコボコにやられるわけだが、その際にエリート営業マンが放ったセリフがこれ。

27歳だっけ、田西さん。
27年間の結果が、これですよ
何もしてこなかった奴が、勝てるわけないんだよ。
うすっぺらなんだよ、あんた。
なんの努力もしなかった自分に懺悔しな。

 まさに、23年間なんの努力もしないできた全てのツケが、ここにきて一気にのしかかってきてるわけです。今の自分は、これまでの人生の積み重ねの結果なんですよねー。
 私は何一つモノにできなかったけど、それも当然なんだ。目の前の課題を一つずつこなしていくしかないんだ。何者かになろうと思ったら、そのための努力をするしかない。歳をとったって、環境が変ったって、私自身は何も変わらない。目の前の努力をする。それしかない。

 そのための第一歩として、FP2級を取りたいんです。正直、そこまでスゴイ資格ではないし、取ったところで人生が変わるわけでもないと思う。目の前の努力ができる人間になるために、資格取得を目指します。


同じく『ボーイズ・オン・ザ・ラン』から。

努力なんて、したことなかった。
だから、挫折の苦しみも勝利の喜びも知らない…
目の前にいるのはそんな男です。

今の私はまさにそんな感じです。