正義と微笑

numb_86のブログ

知識の習得

 27日の記事で、金融界におけるコンビニを目指すと書いた。
 そういう存在になるために、俺がすべきこと。
 まずは、知識を得ることだろうな。金融や経済についての一般的な知識と、会社内部の事務知識。この両方を習得する。自分に知識がないと、お客さまに最適なサービスを提供することは出来ない。知識があるからこそ、「これがベストだ」「この人はこうすべきだろうな」と判断できる。知識があるからこそ、自信を持って勧められるし、的確な商品説明をすることが出来る。
 また、内部の知識があるからこそ、自社のサービスのなかでベストのものを選択できる。事務知識があるからこそ、お客さまに何を書いてもらうか、何を用意してもらうか、即座に分かり、お客さまに余計な手間をかけずに済む。目の前の顧客に本当にその手法を実行できるのか、どんなメリット・デメリット、リスク・リターンがあるのか、正しく判断できる。
 昨日も、事務処理の案件を一つ受けた。そういうときに迅速に対応するためにも、様々な知識を、確実に習得しておかなければならない。いちいちマニュアルを確認したり上席に確認したりしていては、お客さまに余計な手間や時間をかけて仕方ない。その場で、即座に、正しく判断できるようになる。
 そのためにはとにかく勉強。漫然と日々の仕事をこなしていては、成長は見込めない。積極的に内部事務を覚えていく。どうしても分からないことがあれば先輩にアドバイスを求める。経験のない処理を受けることを、恐れない。そうやって成長していくしかないのだろう。