正義と微笑

numb_86のブログ

同業者のみなさん、仕事は楽しいですか?

 http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/100213/fnc1002131129002-n1.htm

 新生銀行あおぞら銀行が、合併を断念したそうです。上の記事によれば、「新銀行の名前どころか、ビジネスモデルの方向性すら見えてこない」状態だったとのこと。だけどそもそも、ビジネスモデルを明確に描けている金融機関など、どれほどあるのだろう…。
 去年6月26日の読売新聞に「新生・あおぞら銀 合併へ」という記事があり、そこにも「収益力を高める確かな戦略を立てられるかどうかが、合併後の大きな課題となる」と書かれてあります。でもそれはさ、全ての金融機関に言えることでしょ?まあそう書いておけば無難だから書いただけかもしれませんが。
 金融機関は差別化が難しい、新たな収益構造の構築が急がれる…。ずっと、もうずっと、同じことばかり言われてる気がする。いつになったら打破されるのだろう。いつになったら変革者は現れるのだろう。変革すればいいというものではありませんが、少なくともこの業界は、ずっと前から行き詰っているんだと思います。新しいビジネスモデルを描かないといけない、それは全くその通りです。だけどいつまで経っても、それは実現されない。それほどまでにこの業界は難しいのか、それとも、優秀な人材が入って来ない業界なのか。それは分かりませんが。
 何というか、未来を感じられないのです。仕事をしていてワクワクしたことは、一度もありません。そりゃ契約が取れれば嬉しいし、お客さまから予想外に優しい言葉や感謝の言葉をかけられたりすれば、もちろん嬉しいです。だけど、仕事そのものにやりがいを感じたことや意義を感じたことは、一度もないように思います。だから必死になって、ビジョンがどうとか騒いでるのです。そうやって何とかして、意義を見出そうとしてる。でもやっぱり、楽しくないよ。展望がない。未来へのエネルギーが感じられない。何かをつくってる感じもしない。根性論でひたすら数字を取ってくるだけの日々。
 たかだか2年しか働いてない若造が、と言われたらそれまでです。ごもっともです、本当に。でもなあ。

 こういうの見てると、みんなすごく楽しそうじゃん…。
 問題なのは、現状を当たり前だと思い込んでいること。どこかで、「仕事は面白くないのが当たり前」と思い込んでる気がします。仕事を楽しんでる人たちを、「別世界の話さ」と決めつけている気がします。心の奥ではもう、諦めちゃってんのかなー。でも、「仕事」と「やりたいこと」を近づけられる可能性があるのなら、挑戦したいです。現状に流されるまま歳をとるなんて、嫌です。変えたい。未来を変えられるのならば、変えたい。