正義と微笑

numb_86のブログ

転職のための実績づくり、そして実績づくりのための態勢づくり

 せっかく(これまでの自分に比べれば)大きい仕事をしても、それが達成されても、日々の仕事に流されて、実感できない。淡々と、あるいは慌ただしく、あっさりとそれを終えてしまう。何の感慨も達成感もない。顧客とのやり取りにしたって、熱量が増えるということもない。もう少し大げさにしても、よかったのに。こちらの熱意や努力が伝わらなかった気がする。
 仕事を覚えれば、もう少し変わるのかな。余裕の無さが、「感慨のなさ」の原因のような気がする。ミスをしないように、間違いを犯さないように、そればかり考えてしまってるんだよ。仕事の最終段階ではさ。事故なく仕事を遂行することそのものに、意識が向いてる。今はそれで仕方ないだろう。自然に仕事をこなせるようになれば、顧客との関係構築や駆け引きに、意識を向けられるようになるだろう。
 そのためにも今は、勉強だな。基礎を完璧にする。歳を重ねるごとに、質問はしづらくなるわけだし。聞くべきことは、全部聞いておく。覚えるべきことは、全て覚える。そうやって完璧に仕事をこなせるようになれば、一つ上のレベルの仕事に取り組めるようになる。新しいこと、意義を感じていることに、挑戦できる。
 今は何の実績もないし、実績を生み出す予定もない。まだまだ、勉強の日々。だけど、実績を追求していく態勢を整えるために、勉強はとても大切なんだ。