正義と微笑

numb_86のブログ

金融マン

 渉外担当として、ある程度の経験をしてきた。いや、そうでもないか。でもまあ、多少の経験は積んだし、一通りのことはやったつもりだ。経験の重ねていく中で見えてきたこと、思ったことを、記録しておく。
 言葉通りの意味での営業や、獲得には、関心が薄いようです。俺は。向き不向きとか、出来る出来ないとかの問題もあるけどそれ以前に、あまり関心がない。同じ支店の同じ部署の人で、営業成績が常にトップクラスの人がいる。素直にすごいなあと思うし、尊敬もする。だけど自分もそうなりたいかといえば、そうでもない。
 優秀な営業マンになりたいとは思わないけど、優秀な金融マンには、なってみたい。経験無いから憧れに過ぎないんだけど、企業分析とか、財務戦略とか。法人を相手にした、提案型営業っていうのか?ただカネを貸すのではなく、そのためだけに稟議を書くのではなく、金貸しという立場から、企業を支えたい。そういう仕事には、関心がある。まあ、ただの憧れであり、すぐに飽きるのかもしれないけれど。
 実際の俺は、「金融マン」とは程遠いところにいる。
 どうすれば「金融マン」に近づけるのだろう。どんな能力、経験が必要だろう。
 決算書を読み込めるようになること?
 代表者や役員から、有益な情報を聞き出せるようになること?
 経営の課題を浮き彫りに出来るようになること?
 その解決策を提案できるようになること?
 どの企業にどの程度の資金が必要なのかを判断し、それを融通できるようになること?
 …
 よく分からないよ。今はとにかく、経験と勉強だな。
 幸い、案件には事欠かない。毎日、いろんな経験をしてる。
 もっと、法人の顧客と話をしよう。忙しさにかまけて、ろくに話をしていない。基本的なビジネスモデルすら理解していない。聞かぬは一生の恥。若さを言い訳にすれば、多少の無知は許してくれるはず。恥を忍んで聴いてみよう。
 あとは、自主的な勉強。簿記でも勉強しようか。