正義と微笑

numb_86のブログ

「なりたい」と「やりたい」

短歌を詠みたい、
小説を書きたい、
といった気持ちはわかるんです。

でも、
歌人になりたい、
小説家になりたい、
という気持ちがあまりに先立つと、
その人は結局、
何者にもなれないと思う。


(中略)


あなたはあの頃、
短歌をつくりたいというより、
何者かになりたい、
という気持ちのほうが先にあった感じでした。

表現は、
そういうふうにして始めたら、
必ず行き詰まるのです。


何者かになりたい気持ち/遠くへ届かせたい言葉 | 枡野浩一公式ブログ


 ちょうど一年前にブクマした記事。
 これを昨日、偶然再読した。
 改めてその通りだと思ったよ。



 そしてそれは、表現だけじゃないと思う。全てに通じる。
 俺は別に、金融をやりたいわけではない。金融と言うフィールドで何か目指すものがあるわけではない。「プロの金融マン」になりたいという気持ちが、先にある。中身は問わず、ただただ「金融のプロ」というものに憧れていたんだ。
 思い知らされたよ。
 何者にもなれないわけだ。



 でもさ、それでも俺は、食っていかなきゃならないんだ。
 どうにかしてさ。
 何者にもなれないまま燻って、鬱屈とした気持ちを抱えたまま、何とか折り合いをつけてこの仕事を続けるのか。
 それとも、どうにかして「本当にやりたいこと」と「稼ぐこと」とを結びつけるのか。
 自分で道を決めて、進んでいかないといけない。
 そうまでしないと生きられないんだね。生きることは苦しいね。
 食ってくってことは、こんなにも大変なのか。