正義と微笑

numb_86のブログ

信金業界、ここが嫌だ

  • 商品の枠に客に押し込む、客より先に商品がある
    • 顧客の要望があり、それに適した商品を紹介する。それが理想的なあり方。本部のお偉いさんも、提案型営業がなんちゃららと言っている。でも実際にやってるのは、商品の押し売り。まず先に商品があり、それを売るために客がいる。そんな感じ。客の要望はどうでもいいです。
  • 身に付くのは内部知識ばかり
    • これは自分のせいでもあるんだけど、いくら案件をこなしても汎用的な知識が身に付かない。そんなもの実務で使わないから。あって困るものではないけど、それだけあっても役に立たない。必要なのは、当庫内部の知識。この案件を進めるためにはどんな書類を用意すべきなのか、どんな手続きを踏むのか、所定の様式はどれなのか。そういったことばかり覚える羽目になる。当庫の一員には成ってきているのかもしれないが、金融マンとして成長している実感は全くない。
  • 恐るべき素人営業
    • 何の経験も研修もさせず、いきなり外に放り出す。客に何か聞かれても、何も分からない。零細企業の社長や個人商店の店主が俺に相談して、よく分かってない俺が適当なことを言い、そのアドバイス?通りに借入をする。え、いいの?
  • なぜか顧客よりも立場が下過ぎる、誰に対しても謝り続ける
    • 完全に奴隷扱い。なんで借り手のほうが圧倒的に立場が強いの?なんでたかが数万円の月掛けだけであんなに偉そうにされなきゃいけないの?なんでこっちの都合(スケジュール)を無視して好き勝手なことを無茶振りしてくるの?明らかに向こうのミスなのにどうして俺が頭下げるの?BtoBの仕事ならもっとマシなんじゃないかと思えてならない。店に戻っても、上に文句を言われ、事務方に文句を言われ、とにかく全方位から偉そうにされる。
  • 何のスキルも身に付かない
    • 大したことのない商品をお願いや押し売りで売り捌き、そのための内部手続き、事務処理に追われ、時間に追われながらやっつけ仕事で何とか案件をやり過ごしていく。そんなことばかりやってるのだから、当然、何のスキルも身に付かない。よそでは絶対に通用しないだろうなあ。適当なんだよ、いろんなことが。