正義と微笑

numb_86のブログ

疾患を抱えているわけではない、世間話をする相手もいる、でも、誰ともつながっていない人たち

 そういった人たちのために。

***

 俺は、何のためにブログを書いているのだろうか。自分でもまだ整理できていない。だけど、個人的な日記ではなく、ブログというオープンな場所で書いているのだから、「読んでほしい、読まれたい」という気持ちが少なからずあるのは、間違いない。

 では、誰に、どういった人たちに、読まれたいのか。これも分からない。まあ、少しでも多くの人に読んでもらえれば嬉しいわけだけど。
 だからこれから書くのは、あくまでも、数ある側面のうちのひとつ。

***

 ここは何でもありのブログだけど、想定している読者層の一つとして、タイトルに書いたような状態の人たちが、挙げられる。



 そういった人たち。

 そういう人たちに、何か伝えられればと思っている。

 俺自身、社会と上手く関われずに生きてきたし、今もそうだ。
 俺の経験してきたこと、考えたこと、そういったことを共有して、何かに役立ててもらいたい。そういう気持ちがある。もちろん、純粋な自分の知識欲というか、この問題を掘り下げて知りたい、もっと深く理解したい、そういう利己的な動機もあるけれど。

 社会で上手くやっていくためのノウハウ。体系的で網羅的な知識。そういうのは余所でやってくれるだろうし、実際、優れたサイトが既に存在する。だからここでは、より具体的、個人的なことを、書いていきたい。俺自身、抽象的で一般論的な知識も大切だったが、誰かの個人的な体験談も、大いにためになった。

 表向きは問題なさそうだが、どうにも社会と上手く関われず、不適切感や疎外感、そして何より、漠然とした大きな不安に、心が支配されてしまっている。そういう人のなかでも特に、頭でっかちなタイプを、このブログでは想定している。

 社会に適応することが上手くできず、そのことに悩んでいる人たちは、観念的なタイプが多い気がする。内向的だから社交性が低いのか、社交性が低かったから内向的になったのか。それは分からないけど。

 知識や思想を求めてしまう人たち。行動なくしては何も生まれないけど、実践する際に、常に思索や読書が付いてまわってしまうような人たち。
 対人不安を抱えている人のなかでも特にそういった人たちに、何かを伝えられればと思っている。