読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正義と微笑

numb_86のブログ

今の俺が思うところの、自己肯定感

 プロフィールにも書いてあるように、俺は、自己肯定感マニアだ*1
 だから、Twitterのタイムラインに「自己肯定感」というワードが流れてくると、反応せざるを得ない。何かしら考えてしまう。
 今回は、それらのツイートを見て思ったことを、書き残しておく。
 自分用のメモとして。読者の方にとっても、俺が盛んに繰り返している「自己肯定感」とは何なのか、それを理解してもらう一助になると思う。


***


 前にも何回か書いたけど、自己肯定感を得るためには、他者からの肯定が必要だ。他人から愛されることなくして、自分を愛することは難しい。
 だけど、いつまでも他者からの肯定・承認を求めていては、いけない。
 周囲の顔色を窺っている様は、とても、自己肯定できているとは言い難い。
 何らかの、出会いやつながり、そのなかで自分という存在そのものを肯定・承認してもらい、自己肯定感を育む、そしてやがては、それらの支えがなくても自己肯定感を保てるようになる、巣立っていく。
 それが、俺が描いているひとつのモデルだ。
 もちろん、一時的に弱ったり自信を失ったりして、周囲に支えてもらうことはあるにせよ。基本的には、日常において、単独で、それなりの自信を保持できている状態。
 まずは他者・周囲から承認を与えられ続け、エネルギーを蓄える。そしてそれが充分なレベルにまで育ったら、独り立ちする。その時はもう、自己肯定感を持っている、つまり、承認を自家発電できるようになっているはずだから。そんなプロセスを、イメージしている。
 余談だが、だからこそ、幼少期の環境が重要なんだよな。上記のプロセスを子供のうちに享受できれば、それで済む話。親がきちんと子供を愛してあげれば、それで済む話なんだよ(笑)。


 充分な自己肯定感を持っている人は、自然体である。
 自己肯定感を保つために必死に自分の正当性を主張する、みたいなのは、違う。
 「自分を肯定しなければならない」みたいなことを考えてしまう時点で、その人はまだまだ、苦しみに囚われている。
 そんなことを意識せずに済むのが、本当だと思う。
 だから、屈託なく自分を愛せている人というのは、自然体だ。変な力が入っていない。飾らない。
 それこそが、俺個人が目指しているものでもある。程遠いが。


 自己肯定感というのは、自分という存在そのものに対する、肯定である。
 だから、状況や場所に依存しない。
 一人の人間には、いろんな側面がある。サラリーマンとして会社に行く自分、就業後にジムに行って汗を流す自分、週末に趣味で同人誌を製作する自分、誰かの恋人としての自分……。いろんな側面があるはず。
 それらを全て統合したのが、「私」だ。
 そして、俺が言うところの自己肯定感っていうのは、この「私」そのものを、肯定する気持ちのことだ。
 だから、特定の状況や集団の中でしか自信を持てないのだとしたら、それは違う。もちろん、そういう「得意分野」や「ホーム」のような場所は、無いよりあったほうがいいとは、思う。そこの拠点として自信を取り戻していくっていう可能性も、あるだろうし。


***


 当たり前だけど、あくまで、俺の持論に過ぎない。
 しかも、今の俺はこう思う、ってだけの話。
 今後考えが変わっていく可能性は大いに有りうるので、あしからず。

*1:改めて書いてみると、すごく恥ずかしいな……