正義と微笑

numb_86のブログ

「承認」という幻想を、拾い上げる能力、感じ取る能力

 承認というのは、幻想。相手の具体的なリアクションや態度を通して、承認という幻想に浸るしかない。それが、前回書いた内容。


 そうなると今度は、「承認」を感じ取るアンテナのような能力が、重要になってくる。
 相手のリアクションを好意的に受け止める能力、というか。


 これは前回も書いたことだが、人間のコミュニケーションには限界がある。分かり合うことなど、不可能。
 だから、「受け入れられている」と思えるかどうかも結局は、本人次第となるのだ。
 いくら周囲の人間が貴方に対して好意的であっても、そしてその気持ちをシグナルとして(リアクションや態度などの形で)発していても、貴方がそれを上手く受け止められなければ、どうにもならない。
 相手のリアクションや態度から、好意的なものを感じ取る能力。


 そしてその能力には、個人差があると思うのだ。残念ながら。
 楽観的でポジティブな人間もいる。
 その一方で、ネガティブというか、どうしてもマイナスの方向に物事を受け取ってしまう人、相手からの好意を受け止められない人も、いる。
 そういう人間が「承認されている」という幻想に浸るのは、かなり難しい。
 「どうせ俺なんか」「自分が好かれるはずがない」、そういう思い込みがあるため、せっかく目の前の相手が好意のシグナルを発していても、それに気付けない。気付けたとしても、「俺の勘違いに決まってる」「影ではバカにしてるんだろう」なんて風にすら、考えてしまう。


 残念ながら、自己肯定感の低い人ほど、承認を感じ取るアンテナも低い。そういう印象がある。
 まあ、基本的に自分に対する評価がネガティブなのだから、当然だけれども。自分で自分のことを好きになれないのだから、他者から「好きだよ☆」と言われても疑ってしまうのは、とても自然なことではある。
 何とも言えない、八方塞がり感。自己肯定感を回復するために承認を積み重ねていきたいのに、自己肯定感が低いがために、承認を感じ取れない、認識できない。


 承認を感じ取るアンテナの、感度の低さ。それは心理的なものだから、努力でどうにかするのは難しいだろう。だから、「どうすればアンテナの感度を高められるか」よりも、「どういった形のリアクションや態度なら、アンテナの感度が低い状態でも、拾い上げられるのか」を、考えるべきだと思う。どういうケースなら、承認を実感しにくい心性の持ち主でも、承認を実感しやすいのか。そういうアプローチ。