読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正義と微笑

numb_86のブログ

記事を書くからモノをくれ!〜ソーシャル乞食、始めました〜

12/10/31追記
現在、新規の記事のご依頼は一時停止しています。欲しいものリストは、引き続き公開中です。


 Amazon.co.jp


 ついに、禁断の「アマゾンほしい物リスト」を公開しました。
 俺が公開しても誰もくれないよ、個人情報がバンバン漏洩しそうで怖いよ、そう思って敬遠していたのですが、解禁してしまいました。
 なぜか。


 カネがないからです。
 ニートになって7ヶ月以上が経ちました。悠々自適の生活を送っていたのですが、気付けば貯金があと僅かです。贅沢はしていないはずなのに、「ヒトは、生きているだけでカネがかかる」という当たり前の事実に、今更ながら驚愕しております。


 「フツーのヒト宣言」を行い、いろいろ模索してはいるのですが、実を結ぶのはもう少し先になりそうです。
 まあ、実を結ぶのか、つまりカネになるのかは分からないというのが正直なところですが、「社畜以外の生き方」を実現すべく、いろいろ試していくつもりではあります。


 しかし試そうにも、生活費がありません。
 カネがなければ、生きていけません。死んでしまいますね。
 実際には、死なないために働くのでしょう。しかし、働き始めれば、余暇の時間はほとんど奪われます。労働者になった途端、他のことは何も出来なくなる。これは、過去のサラリーマン生活で実証済みです。結局、何も出来ないままズルズルと時が経ち、何も出来ないままうつ病になってしまったなあ……。
 根性がある人なら両立可能でしょうが、私には恐らく不可能です。


 つまり、カネがなくなれば、ネット上での活動はほとんど出来なくなってしまうわけです。日々の生活に追われて、それどころではなくなってしまう。


 でもさあ……。
 お前ら、俺がいなくなったら、寂しいだろ?
 俺に、居て欲しいだろ?
 なあ?


 そこで、ほしい物リストです。私に物資を送って、私の生活を下支えしましょう!


 とはいえ、ただでもらうのは忍びない……。っていうか、誰も買ってくれそうにない……。
 そこで、買ってくれた人のリクエストに応じて、文章を書いてブログにアップすることにしました。
 ほしい物リストを使うと、無料でメッセージを送れるようです。そこに、どんな記事を書いてほしいか記入してください。
 とはいえ、どんな記事でも書けるわけではないので、ある程度の指定をさせて頂きます。
 やるからには、満足度の高いものを提供したいので。


 何らかの社会問題・時事問題について、皆さんの代わりに私が調べて、それを可能な限り分かりやすく記事にする。


 これが一番、リクエストしてくれた方の期待を裏切らずに済むのかなあと、考えています。
 専門的な知識が必要であったり、極端に情報が不足していたり、そういうことのないテーマなら、書けると思います。
 自分で調べることも出来るけど、そこまでするつもりはない。面倒くさい。小難しい文章を読むのが嫌だ。情報を集めて整理するのが苦手、苦痛。
 そういった方の代わりに調べて、記事という形で提供する、みたいな感じでしょうか。
 何について知りたいのか、それのどんな部分を知りたいのか、なぜ知りたいのか、そういったことを書いて頂ければ、期待に応えられるよう、可能な限り努力致します。


 以下が、見本となります。


 若者ホームレスについて調べ、それが決して他人事ではない、身近な出来事なのだということを、書きました。
 予備軍は300万人以上? 決して他人事ではない若者ホームレス問題 - ライブドアニュース


 ACTA(アクタ)について調べ、整理しました。外務省のサイトで条文の仮訳を読んだり、国会の会議録を調べたり。
 「ネット検閲につながる」は本当か ACTA(偽造品の取引の防止に関する協定)の内実に迫る – 連載.jp – あなたの連載、はじめよう -


 中間的就労という働き方、考え方があることを紹介し、現在の労働環境に異議を唱えています。
 人に優しい職場を取り戻すための「中間的就労」という考え方 – 連載.jp – あなたの連載、はじめよう -


 「ゆとり全共闘」を名乗る学生に興味を持ち、会いに行って話を聞いたりしました。一人で法政大学をうろついたり。大学の学生寮解体や交番設置問題、ダウンロード刑罰化や軽犯罪法などについて、調べたり。
 指定されたURLは存在しません - なむナビ


 これまでブログに書いてきたような、自己肯定感、ひきこもり、非モテ、そういった話題でもいいのですが、どうしてもテーマが漠然としすぎているので、上手くいかない気がします。


 可能な限りリクエストには応えたいですが、扱えないテーマ等もあると思います。提供した文章が期待にそぐわないことも、あるかもしれません。そして、それらに対してクレームを入れられても、対処できないです。あしからず。
 こんなこと言ったら身も蓋もないですが、あくまでもネタというか、お遊びというか。
 ほしい物リストで私に何か買ってくれるというのが先にあり、その「感謝の気持ち」として、記事を書きますよと。そんな感じで捉えてください。そのため、記事を書くモチベーションも、買って頂いたものの価格によって大きく変化します。


 私がいなくなったら寂しい方、フツーのヒトとしての活動を応援したい方、書いて欲しい記事がある方、面白そうだからこの企画に乗っかりたい方……。皆さまの物資の支援、心よりお待ちしております。