正義と微笑

numb_86のブログ

「構造」や「枠組み」を食い破る

 働き方について問題提起をする人が多くなったように思う。「ブラック企業」という言葉も市民権を得てきた。
 それ自体は喜ばしいことだ。


 だけどその多くは、「理不尽な環境だけど、個人の頑張りでそれを乗り越えよう」という、日本的な結論になってしまっているように思える。
 残業を断ろうとか、工夫して仕事を速く終わらせようとか。あるいは、会社側と徹底的に戦って権利を勝ち取ろうとか。
 でも、それが出来ないような環境だからこそ、苦しんでいるのだ。一介の労働者に意見する権利なんてないし、それどころか、役員や上司の思い付きに振り回される日々。「よくやった 事情が変わった なぜやった」は、名句だと思う。工夫して仕事を速く終わらせても、「お前ヒマそうだな」と新しい仕事を一方的に積み増しされるだけ。仕事でクタクタなのに、そのうえ労働争議だなんてやってられない。
 逆に言えば、環境の改善に取り組めるような職場ならば、最初から労働環境について悩んだりはしない。個人の努力でどうにか出来るレベルではないからこそ、多くのサラリーマンは苦しんでいる。


 自己啓発本にしてもそうで、「それが出来れば苦労しねえよ!」というようなことばかり書いてある。
 ああいうのを書いてるのは、大企業ばかり経験してきたエリートか、叩き上げのマッチョか、どちらかなのだと思う。だから、多くのサラリーマンの「現実」が見えていないのだ。


 「現実世界」のサラリーマンは、どうにもならないような環境で、泥のような気持ちを抱えながら、心身を痛めつけながら働いている。そんな人たちに向かって「仕事を通じて成長しろ」「会社を利用して成り上がるんだ」「自己啓発しろ」「働き方を変えろ」「権利を勝ち取れ」なんて言うのは、根性論を振り回しているのと大差ないと思う。


 もう一つ多いのは、誰かを叩いて終わってしまっているパターン。経営者や政治家や「老害」を叩いて、満足してしまっている。
 だが、ブラック企業の問題にしたって、その多くは構造的な問題なのであり、ただ単に経営者を叩いていればいいわけではない*1。ガス抜きにはなるが、問題の解決にはつながらない。


 じゃあどうすればいいのか。
 環境や構造が問題を生み出しているのだから、その環境や構造を変えるしかないと思う。個人レベルでは、環境を移すこと(転職など)も、有効な手段だろう。あるいは、新しい構造を構築する(仕事を自分で創る、など)。
 もちろん、これもまた、現実的な手法ではない。構造を変えるのは、ただ単に環境に適応するよりも、ずっと難しい。
 だけど基本的には、これしかないと思っている。
 与えられた条件やルールを疑わずそれに適応することばかり考えてしまうのは、我々の悪いクセだ。
 誰かを叩くのではなく、「とにかく頑張ろう」と精神論に走るのではなく、構造や枠組み自体を変えていく。
 そういう視点を持たないと、日本の労働環境はいつまで経っても変わらないと思う。


 あんまり上手く書けてないけど、いろいろと違和感を覚えることが多かったから書いた。
 突き詰めれば、個人の好みの話に過ぎないけれども。
 「構造に適応して勝ち上がろう」よりも、「構造をよりよいものに変えよう」や「新しい構造をつくろう」のほうが好きだし、可能性を感じるんだよ、俺は。