読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正義と微笑

numb_86のブログ

個人活動に関するあれこれ

 フルタイムで働いているが、それとは全く別に「なむ」としての活動をしている。
 そのことについて、構成とか全く考えず、ダラダラと書く。


 スタミナがない。体力だけではなく、精神力も。むしろ体力は、寝さえすればどうにかなる。問題は、精神力のほう。片側顔面痙攣がひどい。一昨年4月の発症以来、負荷が高まると、顔の左側が痙攣するようになる。普段はなんともない。だから、左目の周辺がひきつるようになると、「ああ、けっこうきてるな」とストレスのサインになる。そういう意味では便利。そして、そのまま走り続けると、左側の頬や口元も、ひきつるようになる。今まさに、そういう状態。


 この状態だと思考力や集中力が下がり、生産性が落ちる。それが苛立たしい。頭にくる。俺はもっとやりたいのに。
 そんなにストレスがかかるなんて、さぞ壮大な活動なんだろう。そう思われるかもしれないが、何もやっていない。こじんまりとしたものだ。だから余計に腹が立つ。たかがこれだけのレベルで、どうしてこんなにももたついているのかと。


 意思でどうにもできないのがつらい。ただ単に怠けているだけなら、意思の力でどうにかする。でもストレスは、意思でコントロール出来ない。


 意思でコントロール出来ないものについては、執着しないほうがいい。過去とか、他者とか。意思でコントロール出来るようなものに、フォーカスする。未来とか、自分の行動とか。
 自分のスタミナについては、完全に前者だ。コントロール出来ない。だからそれについて気にしても、仕方がない。


 それに、バイオリズムというものがある。今週の生産性が低すぎて頭にきてるけど、もっと前には、いい感じの週もあった。その繰り返しだ。
 快調に進んでいるときがある。そして、生産性の低さに苛立ったり、自分の才能のなさに絶望したりするときがある。その繰り返し。
 だから、焦るべきではない。今はそういう時期なのだと割り切る。


 そのほうが速い。
 無理して力押しするより、適度に休み、自分のコンディションを回復させながらやったほうが、長い目で見ると速いはずだ。


 だけど、それじゃやっぱり遅いんだよ。
 既に書いたように、大したことはやれていない。それでもう、このザマだ。休んだほうがいいのは分かるのだが、休んでしまったら、どうなる? いつ終わるんだ?
 仕事じゃないから、納期はない。締め切りはない。だからこそ、どこまでも伸びていく。いつまでも出来上がらない。
 もっと大きなことをやりたい。一発で成功するなんて有り得ないから、手数も必要。トライアンドエラーを繰り返さないといけない。そう考えるとやはり、短い期間でたくさんのことをやらないといけない。


 回復するまで待つしか無いのは分かっている。だがいつまで、待てばいいんだ。
 いつまで健康でいられるのかも分からないなかで、休んでなんかいたくない。