正義と微笑

numb_86のブログ

2014年7月の活動報告と、今後の方針

  • ランニング
    • 2回走って、14キロ。何もしていないのに、ふくらはぎが痛んだりする。ある日なんか、目が覚めて伸びをした瞬間に足をつって、一日中痛かった。ランニングどころではなかった。姿勢が悪いのか、睡眠に問題があるのか、それとも、単なる加齢なのか。ともかく、8月はもっと走る。
  • 英語
  • 創作活動
  • 読書


 ブログをほとんど書かなかった。ブログを書いている余裕があるなら、その余力を他に充てるべきではないか。そう考えてしまう。
 そしてそれは、正しいと思う。ブログはいつでも書ける。私には今、他にやるべきことがある。だからそれに力を注ぐ。


 ずっと、同じような内容のブログを月末に書いている。いつも同じ内容だ。「活動中」。
 読んでる人は苛立つだろうが、一番苛立っているのは、私だ。
 いつまで経っても形に出来ない。


 作業量の見積もり、というものが全く出来ない。今やっていることは、これまで経験したことないものであり、そのため、いつ終わるのかさっぱり見えない。それが、焦燥感や苛立ちにつながっている。
 どんな作業が必要なのかまるで分からない。分かったところで、それにどの程度の時間や労力が必要なのか、予想がつかない。思っていた以上に時間がかかるし、作業の途中で、先に片付けるべき他の作業が見つかったりする。ひたすらそんな感じで、予測を立てられない。経験不足、それが大きいのだろう。
 間違いなく前には進んでいるのだが、あとどれくらい進めばいいのか、全く分からない。


 こういう状況のせいでネガティブな感情に蝕まれそうになるけど、ちょっと冷静になって考えてみれば、いかに自分が恵まれているのかが分かる。
 取り敢えずは生活の心配をしなくていいし、自分には出来ないことを代わりにやってくれる人もいる。過去の自分からすると、相当に羨ましいはずだ。
 地道にやっていくしかない。


 こんなブログ誰が読むんだと思うけど、自分が読むな。未来の自分が。当時の自分の気持ちを思い出す、いい手段だと思う。
 取り敢えず、2014年7月末の気分を記録しておくと、そこそこの充実感と、抑えきれない焦燥感、といった感じ。


 来月も、似たような日々が続く。