読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正義と微笑

numb_86のブログ

2014年9月の活動報告と、今後の方針

  • 英語
    • TOEICブリッジというものに申し込んだ。
  • ランニング
    • 3回走って、24キロ。
  • ウェブサイト運営ということについて勉強
    • すごく基本的なことすら知らなかったりする。「おいおい、それ最初に言ってよ〜」って感じだ。初歩的な知識が無いまま、来てしまった。
  • 創作活動
  • 読書


 TOEICブリッジ。
 普通のTOEICを受けようと思ったが、背伸びするのはムダだと判断、初学者向けのTOEICブリッジにした。
 これまでの勉強の成果を測るために試験に申し込んだ、のではない。逆。これから勉強するため。自分の現在位置を知る必要があると思った。先月のブログにも書いた気がするけど、これまで、ろくに勉強してこなかった。他にやることが多いからという理由もあるけど、まあ、言い訳だな。
 TOEICブリッジでレベルを測り、そこからスタート。
 記録、というものが不可欠だと思う。スコアなのか、勉強時間なのか、読み進めたページなのか、それは分からないけど。ランニングが続いているのは、いつ何キロ走ったかを、記録しているから。レコーディング・ダイエットというものがあったけど、記録に残すことには、継続を後押しする効果がある。英語学習についても、この方法論を取り入れるべきだと感じている。


 今の生活環境になってから、それなりに時間が経った。最近、いろいろ考える。
 恵まれていると思う。今の自分のスキルや経歴では、これ以上のものを望むのは贅沢だろう。現状をよしとしている訳では決して無いが、当面はこの環境を維持すべき。
 そんな風に思っていたのだけど、それはあくまで、今の環境がこれからも続けばという話だ。そんな保証はどこにもない。私自身の状況が変わるかもしれないし、外部の環境が変わるかもしれない。
 リスクを取らずに現状維持、というのが、一番リスキーなのかもしれない。
 分からないんだけどな。先のことなんて、誰にも分からない。
 だから、危険を承知で覚悟を決めて、決断するしかないんだろう。どの道が安全かなんて、誰にも分からないのだから。
 そういうことをつらつら考えていくと、このままのペースで生きていていいのか、などと考える。20代ももうすぐ終わるし、いつまでも「助走期間」のつもりじゃダメだよな。


 精神のコントロールが、生活の質を左右する。いかにして、心をコントロールするか。常にリラックスして、穏やかな状態でいることが理想。
 最近読んだ本に、「経営者の心の管理が、事業の最大のコスト」みたいなことが書いてあって、本当にそうだと思った。会社に限らず、個人でも同じことが言える。心の状態が、インプットやアウトプットの質を左右する。
 メンタルマネジメントの重要性。いかにして、「たおやか」でいられるか。
 最近、イライラしやすくてよくない。もともと気分屋なんだが、ひどくなっている気がする。
 歳を重ねることで、以前は許せなかったことが許せるようになる。そういうこともあるんだが、それ以上に、狭量になってきている。


 来月。
 自分の「プロジェクト管理能力」のようなものに疑問を抱かざるを得ない状況だが、何とか、アウトプットしていく。
 10月は絶対に、少しは前に進める。